柚子湯に関する今時代ならではの小話

こんにちは。

前田です。

冬 至 本 番 です!? ( ゚Д゚)

 

寒い上に今日は雨まで降ってきて、体が冷たくなってイヤになりますね。

皆様は 柚子湯 に入られましたか?

しっかり湯船に浸かって体を温めて下さいね。

 

柚子風呂

 

以前の柚子湯の続きで、柚子を買ってきて下さった職員がお店の方から仕入れて下さった話を一つ。

 

ユズ(柚子、学名Citrus junos)はミカン属常緑小高木柑橘類の1つ。

ホンユズとも呼ばれる。消費量・生産量ともに日本が最大である。

(Wikipediaより)

 

令和元年10月に消費増税がありました。

柚子は柑橘類の果実に分類されていますが、柚子湯に入れる柚子は用途が違うだけで、軽減税率の対象からは外れるそうです。

料理に使う柚子は消費税率が8%、湯に入れる柚子は消費税率が10%になるそうです。

なので、野菜や果物を売っている八百屋さん等では、柚子を買うお客さんに用途を尋ねて税率を変えないといけないそうです。

 

とってもめんど…たいへんですよね。(;^ω^)

 

お店の方にはこれからも頑張っていただきたいと思います。

 

 

 

それでは、今日はこの辺りで。

グループホーム香寿庵 広報担当 前田

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

柚子風呂と大正琴の演奏会

次の記事

クリスマス前日